一昨日、雨の中駅に向かおうとバス停にいた時の出来事です。


バスが行ったばかりだったので、


しばらく来ないだろうな〜と思いながら待っていました。


後からおじいちゃんがひとり現われて、


「次は○○分だな〜」


と独り言を言っいたのが聞こえたのですが、


ふっと横を見たら、そのおじいちゃんが


ベンチに覆いかぶさるように倒れていたんです。




びっくりして、


「どうされました?だいじょうぶですか?」


と声をかけていたら自力でおじいちゃんはベンチの横に倒れました。


「救急車呼びましょうか?」


などとまた声をかけていたらバスが到着し、


その中から女性と男性が降りてきて助けてくださいました。




男性が救急車を呼んでくださり、


女性はタオルを差し出してくださったり、


私はおじいちゃんの背中をさすりながら声をかけ、


濡れないように傘を差してあげて、




意識ははっきりしていて、よくお話をされ、


結局おじいちゃんは、近くの知り合いのお宅でお酒を飲まれていたようでした。




楽しい時を過ごされて、ちょっと飲みすぎてしまったのでしょうね。




酔っ払いのおじいちゃんの対応は私、大得意なので(笑)


たくさんお話を聞いてあげました。




酔っ払いといっても、とても歩けるような状態ではないので、


救急隊の方にお任せして、救急車に乗っておじいちゃんは助けられました。



「世の中にはこんなに優しい人がいるんだな〜」


と私達を見て何度も言っておられました。




おじいちゃん、無事にお家に帰ることができたでしょうか??




何年か前に救急の講習を受けにいきましたが、


もし、おじいちゃんが酔っ払いじゃなくて、


急病だったりしたら、私、ちゃんと対応することできなかったと思います。



いつのときでも、対応できるようにもう1度講習受けに行こうかなと思いました。



おろおろするばかりじゃ、なんの役にも立たないですものね。。。