Fさんの作品




金子みすゞさんの詩から抜粋