Yさんの作品



島崎藤村の詩より抜粋