Kさんの作品



坂村真民さんの詩から抜粋